国語と情報教育を追究する 冬季セミナー 2013

「国語と情報教育を追究するセミナー」は、今年度で5回目となりました。
今回は、国語デジタル教科書にスポットをあてました。 現在多くの学校で使われている指導者用デジタル教科書はもとより、文部科学省学びのイノベーション事業で試行されている学習者用デジタル教科書についてもとりあげます。国内外の実践の状況などもふまえ、情報満載のセミナーです。

中川一史(放送大学 / 国語と情報教育研究プロジェクト代表)

 

日時

2013年1月12日(土) 午前10:00~午後16:30(受付開始9:30~)

テーマ

国語デジタル教科書は授業の何をかえるのか?

会場

株式会社 内田洋行 新川オフィス CANVAS 東京都中央区新川2-4-7

参加料

1,000円(資料代)

定員

75名(定員になり次第申し込み受付は終了いたします)

※ご参加は教職員・学校関係者に限らせていただきます。

申し込み方法

◆このページから申し込む場合には、申し込みページへ進んでください。

◆ファックスで申し込む場合には、こちらの申し込み用紙を印刷のうえ、以下のFAX番号までお送りください。

申し込み用紙(PDF形式)
FAX番号: 03-3493-2110

プログラム

10:00~10:30 趣旨説明
~本日の道案内および国語科とデジタル教科書の展望~
中川一史(放送大学/国語と情報教育研究プロジェクト代表)
10:30~11:20 講演
「国内外のデジタル教科書・教材事情」
藤森裕治(信州大学)
11:35~12:00 ワークショップの説明
(12:00 ~ 13:00 お昼休み)
13:00~15:00 ワークショップ

  • A:学習者用デジタル教科書を使ってみる
    前田康裕(熊本市教育センター)
  • B:はがき新聞で推薦文を書こう
    佐藤幸江(横浜市立高田小学校)
  • C:伝統的な言語文化におけるICT活用
    青山由紀(筑波大学附属小学校)
15:15~16:30 実践パネルディスカッション
「実践から見えるデジタル教科書の活用と効果」

コーディネーター :
  • 中橋 雄(武蔵大学)
パネリスト :
  • 高﨑智志(横浜市立瀬が崎小学校)
  • 西田素子(金沢市立犀川小学校)
  • 石川 等(甲府市立里垣小学校)

お問い合わせ

セミナー、お申し込みに関するお問い合わせは以下のメールアドレスまでお知らせください。

Mail:info@media-kokugo.com


主催 :
  • 国語と情報教育研究プロジェクト
後援 :
  • 言語教育振興財団
協賛 :
  • 株式会社内田洋行
  • パイオニアソリューションズ株式会社
  • スズキ教育ソフト株式会社
  • 光村図書出版株式会社